ジェネリックの基本 | 勃起不全でまともに性行為ができないなら、センフォースを使おう
沢山のロイヤルゼリー

ジェネリックの基本

センフォースというED治療薬はバイアグラのジェネリック医薬品ですが、そもそもジェネリック医薬品ってどういう意味?と思っている人は多いと思います。
今回はそんなジェネリック医薬品に関する説明をしていきましょう。

まずジェネリック医薬品というものは、先発医薬品から考えて作られた後発医薬品になります。
厳密にいうと、先発医薬品の特許が切れたあとに作られるのがジェネリック医薬品となるわけです。
基本的に先発医薬品に使われている有効成分には必ず特許があり、その期間が過ぎないと他の製薬会社はその成分を使用して薬を製造することができません。
その期間はおよそ20年から25年くらいになりますが、この期間が過ぎると国民共有の財産とみなされるようになるので、他の製薬会社も製造できるようになるのです。

ただその際にはまったく同じコピーを製造するのではなく、先発医薬品よりもさらに使いやすく改良して作られることが多くなっています。
そのため種類によっては先発医薬品よりも後発医薬品であるジェネリック医薬品の方が薬として優秀だったりします。

しかもジェネリック医薬品というものは、センフォースに限らずどんなものでもかなり安く手に入ります。
つまりわざわざ先発医薬品を選ばなくても、さらに安い金額でもっといい薬を使い始められるわけです。
なぜジェネリック医薬品の方が安くなっているのかというと、先発医薬品よりも圧倒的に開発費用や時間が少ないから。
先発医薬品は10年以上もの歳月をかけて作られているものが多いですが、後発医薬品であるジェネリック医薬品はほとんど手間も時間もかかっていません。
そのためジェネリック医薬品は必然的に安く提供できるようになっています。